知覚過敏 完治

知覚過敏は完治するもの?

スポンサーリンク

知覚過敏は歯の表面にあるエナメル質が失われたり、薄くなってしまうことで、その下にある象牙質に刺激が伝わりやすくなってしまい、痛みを感じるものです。
ということは、エナメル質が治らないと、知覚過敏は完治しないということですよね?
この知覚過敏の症状はきちんと完治するものなのでしょうか?

 

もちろん、いつまでも知覚過敏の痛みに耐え続けなければいけないというものではありません。
きちんと治療をすれば、たいていの場合痛みは緩和されていきます。

 

例えば、一番ポピュラーな治療方法として、コーティング剤を使用するものがあります。
このコーティング剤がエナメル質の代わりとして働いてくれることで痛みを感じにくくさせ、その間にエナメル質の回復を待つものです。

スポンサーリンク

また、そのほかにもレーザー治療を用いたものもあります。
レーザーを象牙質に当てることによって、象牙質から伝えられる刺激を抑えて知覚過敏の痛みを軽減させたりなくしたりすることができるようです。

 

さらに、様々な治療方法を用いても痛みが取れなかった場合には、神経を抜くことで痛みを感じないようにすることもあります。
いつまでも痛みが残ってしまうと、食事の際や歯磨きなどにも痛みを感じてしまうほか、日常生活にまで支障をきたしかねません。
これを防ぐために、最後には神経を抜いて痛みを感じなくさせてしまうのです。
ただし、神経を抜くのはあくまでも最終手段であり、多くの場合は前段までの処置で症状がかなり緩和されます。

 

知覚過敏になってしまったからと言って、一生その痛みとともに生きていかなければならないというものではありません。
完治させることもできるものなので、不安な場合は歯医者さんで診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

手軽に知覚過敏対策を始めるなら♪

 

知覚過敏を本気で治すつもりなら、
やはり歯医者さんに行って相談するのが一番です!!

 

って、こんなことは言われなくても分かっていますよね…

 

忙しくって、なかなか歯医者さんに行く時間も取れない!
これを読んでくださっているあなたも
そんな悩みを抱いていらっしゃるかもしれません。

 

少しでも手軽に知覚過敏対策を始めるなら、
ドラッグストアなどで販売されている商品を活用してみるというのも手段ですよね。

 

以下などは人気があるものなので、
一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

>>>人気の知覚過敏対策グッズはこちら♪<<<