知覚過敏 歯ブラシ 痛い

知覚過敏になると歯ブラシを当てても痛い!?

スポンサーリンク

知覚過敏になってしまうと、冷たいものや熱いもの、酸っぱいものなどが歯にしみてしまってとても痛いですよね。
それらをおいしそうに食べたり飲んだりしている周りの人たちがうらやましくてしょうがなくなってくると思います。

 

しかし、歯にしみてしまうのは食べ物や飲み物だけではありません。
歯ブラシを当てることによっても痛みが生じてしまうことがあるのです。

 

そもそも、なぜ知覚過敏によって痛みが生じてしまうのかというと、歯の表面に存在している層が薄くなってしまったり、除かれてしまったりすることで、その下にある部分から刺激が過度に伝達されてしまってつらい症状となってしまうのです。

スポンサーリンク

飲食物だけではなく、歯ブラシによる直接的な刺激も神経に伝わってしまうので、痛みを感じてしまうのですね。
じつは、力を入れてゴシゴシと歯磨きをすること自体が、知覚過敏を引き起こしてしまう原因ともいわれています。
歯ブラシの当て方には気を付けたいところですね。

 

歯医者さんなどにお願いすると、歯磨き指導をしてもらうことができます。
その時にも言われることだとは思いますが、歯磨きは力を込めて行う必要なないのです。
ペンを持つような軽い力で十分だといわれています。

 

きれいに磨きたい一心でついつい力がこもってしまうことがあるかもしれませんが、歯ブラシの毛先が広がってしまうほどの力で磨いたのでは逆に磨き残しが出てしまうこともあるので注意が必要です。
ただしい歯磨きの方法や歯ブラシの使い方を覚えて、なるべく知覚過敏の痛みも小さく抑えたいところですね。

スポンサーリンク

 

 

手軽に知覚過敏対策を始めるなら♪

 

知覚過敏を本気で治すつもりなら、
やはり歯医者さんに行って相談するのが一番です!!

 

って、こんなことは言われなくても分かっていますよね…

 

忙しくって、なかなか歯医者さんに行く時間も取れない!
これを読んでくださっているあなたも
そんな悩みを抱いていらっしゃるかもしれません。

 

少しでも手軽に知覚過敏対策を始めるなら、
ドラッグストアなどで販売されている商品を活用してみるというのも手段ですよね。

 

以下などは人気があるものなので、
一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

>>>人気の知覚過敏対策グッズはこちら♪<<<