知覚過敏 原因 疲れ

知覚過敏の原因は疲れにあった!?

スポンサーリンク

知覚過敏は、歯の表面の層が薄くなったりすることで生じてしまう痛みで、この層の下の部分に冷たいものなどが触れることによって神経に刺激が伝わりやすくなっている状態です。
本来は歯のトラブルである知覚過敏ですが、実はその原因が普段の疲れにもあるともいわれています。
これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

疲れがたまってきてしまうと、人によっては歯ぎしりを起こしてしまうことがあります。
疲れのほかにも不安な感情やストレスが溜まっていると、歯ぎしりが起こりやすくなるようです。

スポンサーリンク

歯ぎしりをしてしまうと、歯に強い圧力がかかり、歯がげずれていってしまいます。
これによって歯の表面が薄くなっていくと、それだけ刺激が神経に伝わりやすくなっていき、知覚過敏となってしまうのです。

 

実は、歯ぎしりが知覚過敏を引き起こしてしまう最大の原因ともいわれており、この歯ぎしりを引き起こしてしまう疲れというのは、間接的に知覚過敏を発症させているともいえるかもしれません。

 

対策としては、普段から疲れやストレスをため込み過ぎないことですが、現代社会においてそれらのコントロールをすることはなかなか難しいことなのかもしれません。
しかし、知覚過敏になってしまうと、それ自体もストレスになってしまいますし、普段の日常生活を送るのにも支障が出てしまうことがあります。
そのようにならないためにも、適度にリフレッシュしたり気分転換することで、これら知覚過敏の原因となるものを少なくしていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

手軽に知覚過敏対策を始めるなら♪

 

知覚過敏を本気で治すつもりなら、
やはり歯医者さんに行って相談するのが一番です!!

 

って、こんなことは言われなくても分かっていますよね…

 

忙しくって、なかなか歯医者さんに行く時間も取れない!
これを読んでくださっているあなたも
そんな悩みを抱いていらっしゃるかもしれません。

 

少しでも手軽に知覚過敏対策を始めるなら、
ドラッグストアなどで販売されている商品を活用してみるというのも手段ですよね。

 

以下などは人気があるものなので、
一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

>>>人気の知覚過敏対策グッズはこちら♪<<<