知覚過敏 噛むと痛い

噛むと痛い!これって知覚過敏なの?

スポンサーリンク

知覚過敏によって疼いたり痛みを感じることはありますよね。
しかも、何か食べ物を噛むと痛みが発生してしまうということはありませんか?
噛むたびに痛いと、食事をするのもつらいですよね。
おいしい食事も、家族や友達・恋人との楽しい食事の時間も、噛むたびに痛みが出てくることで台無しになってしまうと残念ですよね。
ところで、噛むと痛いというのは、本当に知覚過敏による症状なのでしょうか?
ここでは、噛んだ時に感じる痛みの原因について整理していきたいと思います。
確かに知覚過敏によって、噛んだ時にも痛みが生じてしまうこともあります。
しかし、それよりも、噛んでしまったときに痛みが生じる原因はあります。
こちらのほうが可能性としては高いことのほうが多いです。
まずは、虫歯が原因の場合が考えられます。

スポンサーリンク

もともと知覚過敏だったために知覚過敏が原因と感じてしまうことも多いですが、虫歯が原因で歯の周りの膜まで虫歯菌が侵入していくと噛んだ時に痛みが生じてくるようです。
虫歯でも冷たい飲み物などによる刺激によって痛みが出てくることもありますし、症状が悪化して大きな問題になってしまうという点では虫歯も厄介ですので、早めに歯医者さんで治療を開始しましょう。
また、歯周病が原因の場合もあります。
歯周病によって歯茎が歯を支えることができなくなってくると、噛んだ時に痛みが発生してしまうことがあります。
これらのほかにも、歯周病や虫歯といったお口のトラブルのほかにも、普段の癖が原因となってしまっていることがあります。
例えば、歯ぎしりが癖になってしまっているということはありませんか?
歯ぎしりが癖になっていると、ひどい場合には歯にひびが入ってしまったりして痛みが生じることがあります。
これを防ぐためにはマウスピースを使って、歯へのダメージを抑えてあげることが重要です。
このように、知覚過敏のほかにも噛んだ時に痛みが生じてしまうことは多いです。
虫歯などのトラブルが原因となっていることがありますので、歯医者さんで見てもらうのも有効ですよ。

スポンサーリンク

 

 

手軽に知覚過敏対策を始めるなら♪

 

知覚過敏を本気で治すつもりなら、
やはり歯医者さんに行って相談するのが一番です!!

 

って、こんなことは言われなくても分かっていますよね…

 

忙しくって、なかなか歯医者さんに行く時間も取れない!
これを読んでくださっているあなたも
そんな悩みを抱いていらっしゃるかもしれません。

 

少しでも手軽に知覚過敏対策を始めるなら、
ドラッグストアなどで販売されている商品を活用してみるというのも手段ですよね。

 

以下などは人気があるものなので、
一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

>>>人気の知覚過敏対策グッズはこちら♪<<<