ホワイトニング 知覚過敏 対策

ホワイトニングを行った時の知覚過敏の対策

スポンサーリンク

できるならば、歯は真っ白でまるで輝いているかのような状態にしたいですよね。
笑顔のときに白い歯が見えると、とても印象がいいといわれています。

 

しかし、普段からコーヒーや紅茶、たばこなどの嗜好品をとっていると、歯が着色されていきますよね。
白い歯を手に入れるためにはこれらを取り入れないほうが良いとはわかっていても、普段の生活からお茶などの嗜好品を除いていくことはなかなか難しいですよね。

 

そこで、歯医者さんでホワイトニングしてもらうという人もいると思います。
また、自分でもホワイトニング用の歯磨き粉などを使って歯を白くするという人もいらっしゃると思います。

 

ただ、このホワイトニングの問題点は、知覚過敏を起こしてしまうということなんですよね。
歯を白くしたのはいいけれど、痛みが出てしまってはつらいですよね。

スポンサーリンク

いったい、ホワイトニングした時の知覚過敏はどのように対処すればよいのでしょうか?

 

基本的に、ホワイトニングした後だけ知覚過敏による痛みが生じているのであれば、そのまま放置していても痛みは治まります。
およそ1日あれば治ることが多いでしょう。

 

これは、ホワイトニングによって歯を保護している膜のようなものがはがれてしまうことによって、神経に刺激が伝わりやすくなり、痛みが生じるものなのですが、1日ほどすると再び保護膜が再生してくるので、だんだんと痛みは和らいでいきます。
このため、ホワイトニングを行ってから丸1日は冷たいものなどの神経に刺激を与えやすい飲食物は避けるようにしたほうが良いでしょう。

 

痛みがあるからといって、すぐに体に害が及ぼされるというものでもありません。
ただし、1日以上たっても一向に痛みが治まる気配がないのであれば、ホワイトニングをしてくださった歯医者さんに相談するとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

手軽に知覚過敏対策を始めるなら♪

 

知覚過敏を本気で治すつもりなら、
やはり歯医者さんに行って相談するのが一番です!!

 

って、こんなことは言われなくても分かっていますよね…

 

忙しくって、なかなか歯医者さんに行く時間も取れない!
これを読んでくださっているあなたも
そんな悩みを抱いていらっしゃるかもしれません。

 

少しでも手軽に知覚過敏対策を始めるなら、
ドラッグストアなどで販売されている商品を活用してみるというのも手段ですよね。

 

以下などは人気があるものなので、
一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

>>>人気の知覚過敏対策グッズはこちら♪<<<