知覚過敏 コーティング剤 治療

知覚過敏の治療で使われるコーティング剤とは?

スポンサーリンク

あまりにも知覚過敏の症状がひどく、耐えきれなくなってついに歯医者さんに行ったという人もいらっしゃいますよね。
最初は疼く程度だったからそれほど気にも留めていなかったけれど、だんだんと痛みが強くなってくるということはあります。

 

そして、歯医者さんに行って知覚過敏だと相談すると、たいていの場合は、歯にお薬を塗ってくれます。
これはよくコーティング剤と言われています。
このコーティング剤とはいったいどのような役割を果たすものなのでしょうか?

 

そもそも、知覚過敏とは、冷たいものや熱いものなどの刺激を神経が感じやすくなってしまっているためにおこるものです。
歯の表面の少ししたには象牙質という部分があり、ここに冷たいものなどが触れると神経にその刺激が伝わってしまうのです。

 

それでは、象牙質に冷たいものや熱いものが当たらないようにすれば痛みを感じなくなるだろうということで歯医者さんが塗ってくれるのがコーティング剤というわけです。

スポンサーリンク

このコーティング剤のおかげで、治療前よりも刺激を感じ取りにくくなり、症状が緩和されていきます。

 

しかし、このコーティング剤にも弱点があります。
それは、だんだんと薄くなったりはがれてしまうということです。
食事の後や寝る前、起きた後など、毎日のように歯磨きをすると思います。
この歯磨きは非常に重要ではありますが、これによってせっかく塗ったコーティング剤がだんだんと取れてしまうのです。
その結果、また痛みが出てきてしまうということがあります。

 

このため、歯医者さんには時々通って、薬を塗りなおしてもらうようにしたほうがよいでしょう。
ある程度の期間薬が作用してくれれば、象牙質を覆ってくれていた歯の表面の組織が再生してくれることも期待できます。
しばらくの間は我慢して、しっかり歯医者さんで治療してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

手軽に知覚過敏対策を始めるなら♪

 

知覚過敏を本気で治すつもりなら、
やはり歯医者さんに行って相談するのが一番です!!

 

って、こんなことは言われなくても分かっていますよね…

 

忙しくって、なかなか歯医者さんに行く時間も取れない!
これを読んでくださっているあなたも
そんな悩みを抱いていらっしゃるかもしれません。

 

少しでも手軽に知覚過敏対策を始めるなら、
ドラッグストアなどで販売されている商品を活用してみるというのも手段ですよね。

 

以下などは人気があるものなので、
一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

>>>人気の知覚過敏対策グッズはこちら♪<<<